--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/29 (Thu) 深夜映画「恋愛冩眞」を見る

behind

昨夜は早い時間に眠ってしまい、夜中に目が覚めた。
TVをつけると堤幸彦監督の映画が始まるところだった。

昔から年末年始の深夜映画が好きだ。
貸しビデオもなく、普段の深夜映画放送も今より少なかった頃
TV局の人が休みになる年末年始の深夜映画が楽しみだった。
松田優作の「遊戯シリーズ」を毎晩見たのはいつだったか・・・

昨夜の映画の題は「恋愛冩眞」。松田龍平君主演の恋愛映画である。
じっくりと見入ってしまった。堤監督の持ち場は相変わらず見事である。
脚本に難ありだが、映像の魔術に心は寛大になっていた。
映画が終ってから、この映画に関して一時間半ほど検索していた。
映画の世界にそのまま浸っていたい時は、そんな風にして過ごす。
 
龍平君は随分お父さんに似てきたんだな、と驚いた。
初めて彼の顔を見た時は、まだ彼が若かったせいだろう
そんなに似ているとは思わなかったのだが、
この映画を見ていて何度もお父さんの顔を思い出した。

「恋愛冩眞」終盤のアクションシーンは評判が悪かったようだが
僕はカシアス牧師の「映画みたいだな!」という台詞で
松田優作主演のTVドラマ「探偵物語」を思い出した。
主人公が絶体絶命!という場面から生還する過程を描かず
「主役が死んだら話が続かないから」と、あっさり縄抜けしている
そんな場面が新鮮だったのだが、この台詞はそれと同じ意味だろう。
あのドラマで龍平君のお母さんとお父さんは出会ったんだな~。
笑いをたっぷり盛り込む堤監督の感覚に通じるところがあったっけ。

松田優作氏が亡くなって、慌てて「ブラックレイン」を見に行ったな。
あんまりかっこよかったので泣けた。映画館では泣きたくないのだが。

松田優作氏といえば、忘れられない思い出がある。
高校の頃、松田優作氏のコンサートに行く機会があった。
有名な俳優さんなので空席を埋めようという配慮があったのだろう。
別のコンサートの切符に書いた住所氏名をたどって葉書が届いた。
「無料ご招待 受付で入場券と交換して下さい」

バックバンドはクリエイション。音楽狂いの高校生だった僕には
それだけでも十分に聞きに行く甲斐があったが、
偶然にも、ちょうどその頃TVドラマ「プロハンター」の主題歌が
多分クリエイションの初にして最大のシングルヒットとなっていたので
これはついているな~と喜んで友人を誘い、
学校帰りに山下公園の向いにある神奈川県民ホールへと向った。

いざ到着してみると、本当に無料でいいのだろうか?
という疑問がわいてきた。そこでここはひとつ、受付に行く前に
誰かが葉書を入場券と引き換えるのを確認しよう、ということになった。
そこで柱の陰に隠れて見ていると、実にいいタイミングで
葉書を手に持った女性が受付の方向に歩いていくではないか!
友人に目配せして女性の動きを凝視していると、な、何と!!
その女性は僕らが隠れた柱と、受付の間にある別の柱の陰に身を隠し
別の誰かが葉書を入場券に取り替えるのを確認すべく
受付の方をこっそり窺い見始めたのであった!

コンサートは空手を取り入れた妙な動きの優作氏が熱唱!
それなりに面白くもあったが、高校の授業後だったこともあり
友人曰く「あれだけ大きな音がしている場所で
あれだけ眠かったことは今だかつてなかったなあ」

その友人とはその後長きに渡って
壇上に立つ優作氏の台詞としぐさを真似て楽しんだものである。

スポンサーサイト

映画 | trackback(0) | comment(6) |


<<新年のご挨拶 | TOP | 5連勝!リッキー・ウィリアムズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


松田優作、監督・脚本・主演で・・・ 

・・・ア・ホーマンスという映画がありました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=87780
この映画もラストが滅茶苦茶で、見終わってがっかりした思い出があります。「優作は、監督はだめだな。」と思ったものでした。
 ところで、TBSドラマ「花より男子」に出演の松田翔太君は、優作氏の次男なんですね。地上波をほとんど見ないので知りませんでした。

2005/12/31 12:32 | raiders [ 編集 ]


ありましたねー 

ARBの石橋凌氏が出ていたヤツですね~。
あれー、ポール牧さんも出ていましたか。
(僕は「ラッキー7」が好きでしたので、ポールさんの死も残念でした。)
あの映画は確か、監督ともめて仕方なく
残りを松田優作氏が監督したんですよね。
TVかビデオかで見た覚えがあるのですが、
何だかよくわからなかったような印象しかないですね笑。

遊戯シリーズはB級作品という括りで面白いのですが
冷静に考えてみると、松田優作氏の出演作、
まともな映画は意外と少なかったのかもしれません。
それだけに、「ブラックレイン」が最後というのが残念でした。

あっと、このコンサートはこれまたB級っぽい雰囲気の
「ヨコハマBJブルース」撮影後だったのを思い出しました。
「映画を撮影しました。オレ、ヨコハマ、好きで~す!」
とおっしゃっていました。

2005/12/31 14:59 | けん [ 編集 ]


 

お久しぶりです!
いつもコメントありがとうございます。
今年は本当にお世話になりました。
素敵なイラストで楽しませてもらってましたよ!
来年も宜しくお願いします!!
良いお年を☆

2005/12/31 19:08 | Musicman [ 編集 ]


ご無沙汰しております! 

NFL開幕以来、音楽ネタがないんですが
ルーサー・バンドロス氏の追悼以来、
いい音楽を愛する方達の存在を知ることが出来たのも
今年の大きな収穫でした。
どうもありがとうございました!!

2005/12/31 20:09 | けん [ 編集 ]


あはは。 

高校時代の思い出、面白いです!それは忘れられないですね。
イラストは『恋愛冩眞』のシーンかと思っちゃいました。あはは。

2006/01/08 00:59 | きみ駒 [ 編集 ]


おー!ありがたい 

この反応をお待ちしておりました。ありがとうございます!
どなたか笑っていただけないだろうかとかすかな望みを抱いていましたが
ようやく叶えられました。ウレシー!
NFLシーズンもあと1ヶ月でおしまいですので
違った話題が増えると思います。どうかよろしくー。

2006/01/08 11:21 | けん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://princeken.blog11.fc2.com/tb.php/45-54362954

| TOP |

新後悔日誌

けん

  • Author:けん
  • 下っ端

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。