--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/10/29 (Sun) 田口 壮



実はデトロイトでの試合をもう少し楽しみたかったので
セントルイスの優勝が決まった時はがっかりしましたが
試合終了後登場した田口選手のお子さんが可愛らしくて
すっかりいい気分になりました。

今回、田口選手は様々な場面で実にいい働きをしました。
特にNLCS第2戦9回の勝ち越しホームランと
ワールドシリーズ第1戦のバット投げがなかったら
セントルイスは敗退していたかもしれません。

トニー・ラルーサ監督が田口選手をどう起用するか
そしてその起用に田口選手がどう応えるか
その辺りが実に興味深かったです。
2002年のSFジャイアンツも、新庄選手をもっと使えば
優勝したのではないかと僕は思っていたし
今回も「もうちょっと田口を出してもいいのでは?」
と思うことも多かったですが、結果的には
トニー・ラルーサ監督の采配が功をソーしました。

So Taguchi /   Taguchi So

続きはバット投げについて

スポンサーサイト

MLB -'06 | trackback(2) | comment(17) |


2006/10/12 (Thu) トーリー・ハンター



MLBプレイオフが行われていますね。
ナショナルリーグはメッツとドジャーズ、どちらも好きなので
とても困ってしまいましたが、困っている間に決着がつきました。
僕は昔、横浜大洋ホエールズを応援していたことがあるので
斉藤隆投手の活躍はとても嬉しかったです。
アメリカンリーグはオークランドを応援していたのですが、今回は
オークランドに負けたミネソタのトーリー・ハンターを描きました。
ALDS第二戦、現役最高の外野手で、数々の名場面を演出してきた彼が
捕れるはずのない打球にダイビングを試み、打球は外野を転々…
結果的にこれがシリーズの流れを決める場内本塁打となりました。
(惜しくもないミスにはエラーがつかないという野球の不思議です)
「あの名手トーリー・ハンターがこの失態!」
スポーツニュースでは何度も彼の哀れな姿を紹介していました。
並みの選手ならば、ここでがっくり来てしまうと思うのです。
でも彼は違いました。
次の試合、先攻されながらも自ら反撃を開始せんと大ホームラン!
そして次の好機、本塁を巧みな走塁で通過、一点差に迫る得点!
これで試合はもうわからないぞ~!!
・・・と思った刹那、審判の判定は「アウト!」
いや、セーフです。どう見てもあれは得点しています。
さすがにトーリー・ハンター選手も怒りました。
でも最終的には判定に従うしかありません。
ベンチに下がり、こみ上げる感情を抑制しようともがく彼の姿。
身勝手な行動で退場させられたりするわけにはいかないと思ったか
それとも彼は元々冷静で礼儀正しい人だったのかはわかりませんが
いずれにしても、その時の彼の姿を見て
僕はすっかりトーリー・ハンターのファンになってしまいました。
そしてシリーズはオークランドの一方的な勝利に終わりました。
負けっぷりというのも、選手の魅力がうかがい知れる要素ですね。
去年の不遇から立ち直ったオークランドのフランク・トーマスと共に
簡単に負けまいと再起していく人の姿を見ることができました。

Torii Hunter


(「続き」は「場内本塁打」について書きます。)

MLB -'06 | trackback(0) | comment(7) |


| TOP |

新後悔日誌

けん

  • Author:けん
  • 下っ端

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。