--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/04/27 (Thu) モナコのカジノでワインを飲む国松



挿絵を描いている絵物語「魔導師カプキル~青いばら~」第5章が再開されました。
(音が鳴りますので注意して下さい!↑僕が作ったカプキルのテーマです。)
文を読んでから1日~2日で絵を描いているということもあり
かなり恥かしい出来なのですが、お時間がありましたらご覧下さいませ。

文を書いている小町さんとはお会いしたこともないのですが
サイトを持て、絵を描けと薦めてくれた恩人であり
文が出来れば真っ先に絵を描いております。
お話は僕も寸前まで知らされていませんが
キャラクターのデザインを受け持っているような形になっているので
なかなか楽しい作業です。
この絵は酒の味を想像しながら描きました。美味しそうでしょ~♪


(お知らせ)

■投票を新しくしました。

■プリンスの絵の中に、皆さんへのメッセージが込めてあります。
見つけてみてください♪

スポンサーサイト

連載物語の挿絵 | trackback(0) | comment(8) |


2006/04/22 (Sat) コービー・ブライアント

kobe

1試合81得点の時に描いたのですが、
その時していたひざ当てを描くのが面倒なので
得点王が決まったら載せようと寝かしておきました。
何だか中高生みたいになっちゃいましたが・・・
TO騒ぎの頃、「ケミストリー壊し」として
彼をTOと同列に扱っている記事もありましたが
とりあえず個人成績は申し分ないようです。
西の7位をどう評価するかはなかなか微妙ですが・・・

Kobe Bryant

NBA | trackback(0) | comment(6) |


2006/04/17 (Mon) モリス・デイ



実は5年前にPCを買って、「ペイント」で初めて描いた絵がこれ。
(今回、文字を足して縮小しました。)
ちなみに絵を描くよりも前、PCを買って一番最初にやったのは
The TimeのノンストップをCD二枚分作ったことです。
あ、ノンストップと言いましたが都合3回止まります。
コンパクトカセット2本に入れるつもりだったので(古

前回感想欄に書きましたが、現在のヨコハマ・ベイ・ホール付近で
モリス・デイのライブを聞いたこともあります。
彼は作品における喜劇的な感じとは違って真面目そうな人でした。
あそこで生演奏を聞くのはとても楽しいですよー。
ジェシー・ジョンソンやカメオなんかも聞いたし
ジョージ・クリントンやテディ・ライリーと握手したり
Pファンク・オールスターズの面々とお話したのもそこです。
(↑終わった後何か飲みに降りてきたんです笑。)
僕はあの辺りで生まれ育ったということもあって
大好きな場所なんですねー。お近くの方は是非どうぞ。

Morris Day

音楽MUSIC | trackback(0) | comment(2) |


2006/04/10 (Mon) PRINCE



PRINCEとの出会いは高校の頃。
学校から帰ると毎日のようにTVK(テレビ神奈川)で
AUTOMATICや1999のビデオが流れていました。

ま~、その後大活躍がありまして・・・

どうも個人的に色々絡んでいるため書き難いです笑。

PRINCEは1枚目と2枚目が好きです。

ほかにもたくさん好きな曲はありますが・・・

彼をご存じない方へ→彼はユニークな存在とはいえ
黒人音楽の伝統を色濃く受け継いでいるのもまた事実で
多くの黒人音楽家同様、スタジオで録音された音よりも
生演奏の方が迫力があって数倍かっこいいです。
ビデオやDVDが何枚か出ているので、それを見れば
多分彼の力量が理解出来ると思います。
(今知りましたがライブアルバムも出ていますねー。)

全盛期には、裏がアルバム未収録ということで
シングルまで買ったものですが
ここ数作は、ラジオで聞いて買う価値なしと判断し
買っていません。まとまり過ぎているような気がして。
僕は、芸術には刺激を求める人間でありますので
洗練は退屈と同義なのであります。
ちゃんと聞いたらいい曲もありそうなんですが・・・

でも新譜は買ってみようかな~と思っております。
どうかな?やめた方がいいか??Black Sweatだけを
繰返し再生、なんてことにならないか??と心配です。
ご意見をお聞かせ下さい。

音楽MUSIC | trackback(2) | comment(14) |


2006/04/05 (Wed) THE WHO



先月行なわれたブロードウェイミュージカル「トミー」にあわせて
2月にTVでロックオペラ「TOMMY」映画版の放送があり
それを見てちょっとだけ映画に触れてみたら
THE WHOをお好きな方たちが感想を書いてくださったので
それからこの絵をチビチビ描いてきました。
キース・ムーンを脇役にとどまらせることになってしまったのが残念ですが
ロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントは元気に描けました。

BLOGやmixiを始めると、実際の人間関係では期待できないような
趣味や嗜好が自分に近い方の存在を知ることができるようになりますね。
どちらかというと少数派に身を置きたいという僕にとっては
ちょっとした驚きの毎日を送っています。
あらためて皆様に感謝したいと思います。どうもありがとう~♪

音楽MUSIC | trackback(2) | comment(12) |


| TOP |

新後悔日誌

けん

  • Author:けん
  • 下っ端

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。