--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/29 (Thu) 深夜映画「恋愛冩眞」を見る

behind

昨夜は早い時間に眠ってしまい、夜中に目が覚めた。
TVをつけると堤幸彦監督の映画が始まるところだった。

昔から年末年始の深夜映画が好きだ。
貸しビデオもなく、普段の深夜映画放送も今より少なかった頃
TV局の人が休みになる年末年始の深夜映画が楽しみだった。
松田優作の「遊戯シリーズ」を毎晩見たのはいつだったか・・・

昨夜の映画の題は「恋愛冩眞」。松田龍平君主演の恋愛映画である。
じっくりと見入ってしまった。堤監督の持ち場は相変わらず見事である。
脚本に難ありだが、映像の魔術に心は寛大になっていた。
映画が終ってから、この映画に関して一時間半ほど検索していた。
映画の世界にそのまま浸っていたい時は、そんな風にして過ごす。
 
龍平君は随分お父さんに似てきたんだな、と驚いた。
初めて彼の顔を見た時は、まだ彼が若かったせいだろう
そんなに似ているとは思わなかったのだが、
この映画を見ていて何度もお父さんの顔を思い出した。

「恋愛冩眞」終盤のアクションシーンは評判が悪かったようだが
僕はカシアス牧師の「映画みたいだな!」という台詞で
松田優作主演のTVドラマ「探偵物語」を思い出した。
主人公が絶体絶命!という場面から生還する過程を描かず
「主役が死んだら話が続かないから」と、あっさり縄抜けしている
そんな場面が新鮮だったのだが、この台詞はそれと同じ意味だろう。
あのドラマで龍平君のお母さんとお父さんは出会ったんだな~。
笑いをたっぷり盛り込む堤監督の感覚に通じるところがあったっけ。

松田優作氏が亡くなって、慌てて「ブラックレイン」を見に行ったな。
あんまりかっこよかったので泣けた。映画館では泣きたくないのだが。

スポンサーサイト

映画 | trackback(0) | comment(6) |


2005/12/27 (Tue) 5連勝!リッキー・ウィリアムズ

rwilliamscolor

ロニー・ブラウンの負傷で先発したリッキー・ウィリアムズ。
172 yds、1TDを稼いで前半のリードを守ることに貢献したようです。
結局痩せたままでしたが、一年通しても平均では結構走っています。
思ったとおりの活躍でした。来年は開幕から走りまくって欲しいです。

チームは1999年以来の5連勝。12月無敗だったのは20年ぶりとか。
素晴らしいですね~~。どうしてプレイオフに出られないのか
今となっては不思議ですらありますね。

載せておいて何ですが、僕の絵は相変わらずの低レベルです。
カプキルの練習にはなっているのですが、どうも面白くないね~。
Ricky Williams

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/22 (Thu) マーティ・ブッカー

mbooker

今週はレギュラーシーズンも大詰めということで、
NFL.comで生観戦(と言っても実際の様子は見えませんが・・・)。
マイアミの戦況を眺めつつ、ボールがレッドゾーンに入って
赤枠で囲まれたカードの様子をもう1つの窓で見る。
マイアミは地元に不調のジェッツを迎えた割りには苦戦を強いられましたが
残り10分55秒にQBセイジ・ローゼンフェルズから
WRマーティ・ブッカーへの50ヤードTDパスが決まり
何とか勝つことができました。これで4連勝です!しかし・・・

とうとうプレイオフへの道が断たれてしまいました~。
7勝7敗のマイアミがプレイオフに出場するためには
ピッツバーグ、SD(共に9勝5敗)と、KC(8勝6敗)の
3チームを抜かす必要があります。

マイアミが残り試合を連勝し、ピッツバーグが連敗すると
両チームの総合成績が9勝7敗で並びます。
直接対決が無かったのでディビジョン内の成績を比較すると
共に3勝3敗でまた同じ、そこでカンファレンス内の成績を見ると
この場合マイアミ7勝5敗、ピッツバーグ6勝6敗となって
マイアミ逆転の可能性は残っているわけです。

さてサンディエゴが連敗すると同じく9勝7敗となります。
この場合先週直接対決でマイアミが勝っているためこれまたマイアミが逆転!

と、ところがこの場合、SDとの対戦を残すKCが勝ってしまうのです。
するともう一試合をKCが落としたとしてやはり9勝7敗なのですが
マイアミは第7週にKCに破れているため上位に上がれません。
勿論KCがSDに負けた場合はSDが10勝目をあげることになるので
この場合もマイアミは逆転できないことになるわけです。

どっかであと1個勝っておけよ~~!

ということは、サン・ディエゴがインディアナを倒した時点で
マイアミのプレイオフ出場の望みは途絶えていたんですね~。
いや~、複雑です。
Marty Booker

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(2) | comment(8) |


2005/12/18 (Sun) ザック・トーマス



長年ドルフィンズの守備陣を支えてきた彼が
先週のAFC最優秀守備選手に選ばれました!
これでチーム内の個人賞受賞も3週連続です。
今年は各地区で接戦が繰り広げられていて、あまり話題になりませんが
マイアミは着実に復活の道を歩んでいるといえるでしょう。
来季以降は勿論のこと、今季もまだまだ分かりませんよ~。
Zach Thomas

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(0) | comment(4) |


2005/12/14 (Wed) 3連勝で地区優勝の望みを残す(ガス・ファロット)



実力がありながら苦しい立場に追い込まれたSDが相手で
かなり厳しい戦いにはなると思っていましたが、
今週もマイアミ・ドルフィンズが接戦をものにしました。
QBガス・ファロットは229ヤード2TDの活躍・・・
でもSDのDブリーズは279ヤードを投げているぞ。
先週が1点差で今週は2点差、本当に辛勝でした。
ともかく3連勝で地区優勝の望みもまだ残っています。

しかし愚痴を言っても始まらないが、僕が'70年代に
NFLを見始めた頃、AFC東は楽勝だったんだよね~。
コルツもビルズもジェッツもパッツも弱くって・・・って
要するにドルフィンズが強かったんだな。

そういえば今季はジャージの組み合わせが伝統的だな。
最近は上白下アクアが多かったし、上下アクアとか
上オレンジまで出たものね~。僕はやはり基本上下白、
たまに上アクア下白という昔からの組み合わせが好き。
一回位オレンジもいいけれどね、あれでNEに勝ったから。
Gus Frerotte

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(1) | comment(4) |


2005/12/08 (Thu) 大逆転クリス・チェンバース

cc

月曜の朝、スコアを見て驚きました。
見てください、これを。↓







1Q

2Q

3Q

4Q

合計

バッファロー

21

0

2

0

23

マイアミ

0

3

0

21

24


一瞬、何かの間違いかと思いました。
NE戦をESPNゲームキャストで観戦した時は
スコアが正しく表示されなかったりしたしね・・・
でも、これが間違いのないファイナル・スコア。
21点入るということは、TD3つの場合が多いのですが
1つのクォーターで3TDというのはそう簡単じゃない。
さっさと攻めてTDとって、きっちり守って相手を抑える。
これを三回繰り返さないといけないわけです。
そんなことが可能なのか?3Qまで1FGだけなのに。
相手には1Qで3TDを許しちゃったのに。
う~ん!!すごい!すごいことだ!これは!!

そこで経過を詳しく見てみると、オヤオヤ
先発QBのガス・ファロットが途中退場しています。
セイジ・ローゼンフェルズに代わって攻撃が爆発。
リッキー・ウィリアムズとロニー・ブラウンの両RBが
それぞれTDをあげ6点差に迫ると
残り時間6秒、第4ダウン残り4ヤードからの
タッチダウンパスをクリス・チェンバースが捕球!
この時点で同点に追いつき、キックを決めて逆転勝ち~!
つまりこの絵のあとボールをこぼしていたら負けでした。
ガッチリ捕ってます。ガッチリ捕ってますね~。

Cチェンバースはレシーブ15回で238ヤードを獲得、
これは回数、獲得ヤードともチーム新記録だそうです。
おっと、たった今気がつきましたが、この活躍により
彼が今週のAFC最優秀攻撃選手に選ばれました!

4Qの3TDに要した時間はそれぞれ2:18、2:18、1:45。
獲得ヤードは70、49、73ですから、堂々たるものです。
守備もよく守ったな~。今週はシアワセでした~♪

さて次週マイアミ・ドルフィンズの先発QBは誰なんでしょうか?
ヘッドコーチのニック・セイバンはガス・ファロットの起用を明言。
しかしマイアミ・ヘラルド紙のウェッブサイトによるアンケートでは
1位はローゼンフェルズ、2位は「ダン・マリーノを戻す」でした。笑
Chris Chambers

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(0) | comment(6) |


2005/12/01 (Thu) ジェイソン・テイラー

jt

マイアミ、惜敗のあとの惨敗で絶望の淵によどんでおりましたが
ザック・トーマスとジュニア・セアウを欠いているにもかかわらず
33対21でオークランド・レイダーズに快勝いたしました。
ジェイソン・テイラーは3サックとファンブル・フォース1回、
ファンブル・リカバー1回、セーフティまでとって大活躍でした。
ロニー・ブラウンもリッキー・ウィリアムズもタッチダウンを記録、
ガス・ファロットはパスで261ヤードを獲得、2TDを記録。
このほか攻守何処をとっても申し分のない成績で、
やっぱり今年のドルフィンズは強いはず・・・
尚、30日にジェイソン・テイラーはこの試合の活躍によって
第12週のAFC週間最優秀守備選手に選出されました。
Jason Taylor

MIAMI DOLPHINS '05-'06 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

新後悔日誌

けん

  • Author:けん
  • 下っ端

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。